スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獅子と龍の丸帯どうしましょ

2015.03.10 (Tue)
team☆tiara あきこ です。

先日いずみちゃんとアンティーク着物屋さんにお出掛けしたのですが、そこで獅子の染めの丸帯を見ました。

染めなのでとても優しい雰囲気と色合いで、獅子好きの私はズキュンとやられてしまったのですが、高嶺の花で手が出ず、切ない思いをしていたところ、あっ!と急に思い出しました。

昔、もう何年前だか、多分7年以上前にヤフオクで落札した、獅子の丸帯の解きの事を。

どこに直したんだか、探して探して、ありました。





結構金ピカで、激重いです

丸帯で仕立て直すと重すぎるので、半分に切って名古屋帯を2本作ろうかと思ったのですが、裏を見て断念しました。





横糸が織り込まれていなくて浮いているので、これを半分に切っちゃうと糸が抜けちゃって、表からもピンピン抜けていってしまうそうな。

もう一本丸帯の未仕立てのものがあったので見てみると、




↑表側




↑裏側


こっちは裏側も表同様、横糸も織り込まれていました。

これだと、半分に切って2本に分けても大丈夫だそうです。

時代としては、鶴の裏がちゃんと織り込まれた帯の方が古いそうです。

昔のモノの方が、裏側も手を抜かない仕事をされていたという事でしょうか。

鶴の帯の方が未仕立てで軽くていいのですが、なんせ柄としては全然面白くないのですよね。。。

じゃあ何故これもヤフオクで買ったのかというと、当時和裁教室に通っていたので、仕立てる教材が欲しかったのです。

割と何でも自由に縫わせてくれる先生だったので、アレコレ買ってしまってました。







結構いいお顔をしてはるので、仕立て直してあげたいのですが、重い、硬いでどうしようか悩んでいます。




shop

いつも応援ありがとうございます。ポチっとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へにほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ

team☆tiaraでは商品をお取り扱いいただけるショップ様を募集中です。メールにてご連絡下さい。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://teamtiara.blog.fc2.com/tb.php/149-f7f2856a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。